KDE BLOG

バイブス

Vagrant内でVirtualHostを設定する

やりたいこと

VirtualBox + Vagrantで作成したローカル開発環境上で、ひとつのサーバ内で複数のアプリやサイトの開発を行いたい。
そしてアプリケーションのルートディレクトリに対して、ホストを割り当てて本番環境と同じディレクトリ構成で確認ができるようにしたい。

ゲストOS内のディレクト
(各アプリケーションが入っているルートディレクトリ)
URL
VirtualHost設定:なし
URL
VirtualHost設定:あり
/var/www/html http://192.168.33.11/ http://dev.root/
/var/www/html/app1 http://192.168.33.11/app1 http://dev.app1/
/var/www/html/app2/public http://192.168.33.11/app2/public http://dev.app2/

var/www/html/app1 をルートディレクトリとして公開するのであれば、virtualhostの設定がないと「192.168.33.11/app1」からでないとローカル上では確認できないため、app1というディレクトリが邪魔になる。 app2も同様。

環境

手順

1. (ホストOS)hostsファイルにホスト名を書く

C:\Windows\System32\drivers\etc\hostsを管理者権限で開き、各ホストの割り当てを追加する。

192.168.33.11  dev.root
192.168.33.11  dev.app1
192.168.33.11  dev.app2

※「vagrant-hostsupdater」というプラグインを使用すればこの工程を省くことができる。
しかしwindowsの場合、hostsのパーミッションを他のユーザーでも書き込めるように設定しないとvagrant upで失敗する。
個人的にはこの権限を変更するのが憚れたので、手動でhostsを変更することにした。

2. (ゲストOS)httpd.confファイルにvirtualhostの設定を書く

vagrant sshでゲストOSに入ったら、管理者権限でhttpd.confファイルを編集する。

# 念のためバックアップを取っておく
$ sudo cp /etc/httpd/conf/httpd.conf /etc/httpd/conf/httpd.conf.bk

# viコマンドで編集
$ sudo vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
(略)...

# Further relax access to the default document root:
<Directory "/var/www/html">
    #
    # Possible values for the Options directive are "None", "All",
    # or any combination of:
    #   Indexes Includes FollowSymLinks SymLinksifOwnerMatch ExecCGI MultiViews
    #
    # Note that "MultiViews" must be named *explicitly* --- "Options All"
    # doesn't give it to you.
    #
    # The Options directive is both complicated and important.  Please see
    # http://httpd.apache.org/docs/2.4/mod/core.html#options
    # for more information.
    #
    Options Indexes FollowSymLinks

    #
    # AllowOverride controls what directives may be placed in .htaccess files.
    # It can be "All", "None", or any combination of the keywords:
    #   Options FileInfo AuthConfig Limit
    #
    AllowOverride None

    #
    # Controls who can get stuff from this server.
    #
    Require all granted
</Directory>

# -------------------------------------
# 追記ここから

# 適当なサーバ名を設定
serverName testserver

# デフォルトサーバ
<VirtualHost *:80>
DocumentRoot "/var/www/html"
ServerName dev.root
</VirtualHost>

# app1の設定
<VirtualHost *:80>
DocumentRoot "/var/www/html/workspace/app1"
ServerName dev.app1
</VirtualHost>

# app2の設定
<VirtualHost *:80>
DocumentRoot "/var/www/html/workspace/app2/public"
ServerName dev.app2
</VirtualHost>

# 追記ここまで
# -------------------------------------

(略)...

※いろいろググってみると、このhttpd.confファイル内の# NameVirtualHost *:80コメントアウトする、という記事があるが、Apache2.4からはこの設定は不要になり、現在は記述が削除されているので注意。

基本的に、<VirtualHost *:80></VirtualHost> に設定を書いていく。
DocumentRootにはその名の通りそのホストに接続したときのルートディレクトリを記述。
ServerNameには hostsファイルに加えたホスト名を記述する。

その他の設定は下記参考。

3. (ゲストOS)apache再起動して設定を反映

$ sudo systemctl restart httpd.service

これで各URLにアクセスして、DocumentRootのファイルが読み込まれて表示されればOK。

ハマったところ

  • VirtualHostの設定でエラーログ、アクセスログの設定をする場合、ディレクトリを先に作っておかないとエラーとなる
  • ホスト名にアンダースコアを含めるとApache 2.4.25 以降でステータスコード400のBad Requestとなる
    • httpd.confファイルの設定方法が正しいかは apachectl configtest で確認できる
    • apacheの状態を確認するには systemctl status httpd.service -l で確認できる

参考