KDE BLOG

バイブス

【Human Interface Guidelines 翻訳 vol.16】iOS - Visual Design - Launch Screen

元ページ
Launch Screen - Visual Design - iOS - Human Interface Guidelines - Apple Developer

Launch Screen(起動画面)

A launch screen appears instantly when your app starts up and is quickly replaced with the app's first screen, giving the impression that your app is fast and responsive. The launch screen isn’t an opportunity for artistic expression. It’s solely intended to enhance the perception of your app as quick to launch and immediately ready for use. Every app must supply a launch screen.

アプリが起動するとすぐに起動画面が表示され、すぐにアプリの最初の画面に切り替わり、アプリが高速で応答性が高い印象を与えます。
起動画面は芸術的表現の機会ではありません。これは、アプリをすぐに起動してすぐに使用できるようにするという認識を高めることのみを目的としています。
すべてのアプリが起動画面を提供する必要があります。

f:id:jinseirestart:20200819023637p:plain

To accommodate the screen sizes of different devices and environments, such as multitasking, use an Xcode storyboard to provide a launch screen. Storyboards are flexible and adaptable, and you can use a single storyboard to manage all of your launch screens. For developer guidance, see Responding to the Launch of Your App.

マルチタスクなど、さまざまなデバイスや環境の画面サイズに対応するには、Xcodeストーリーボードを使用して起動画面を提供します。
ストーリーボードは柔軟で適応性があり、1つのストーリーボードを使用してすべての起動画面を管理できます。
開発者向けガイダンスについては、アプリの起動への応答をご覧ください。

IMPORTANT
Don't use a static image for your launch screen. If you need to know the dimensions of various screen sizes to help you lay out your designs, see Device Screen Sizes and Orientations.

重要
起動画面に静止画像を使用しないでください。
設計をレイアウトするためにさまざまな画面サイズの寸法を知る必要がある場合は、デバイスの画面サイズと向きを参照してください。

Design a launch screen that’s nearly identical to the first screen of your app. If you include elements that look different when the app finishes launching, people can experience an unpleasant flash between the launch screen and the first screen of the app. Also make sure that your launch screen matches the device's current appearance mode; for guidance, see Dark Mode.

アプリの最初の画面とほぼ同じ起動画面を設計します。
アプリの起動が完了したときに外観が異なる要素を含めると、起動画面とアプリの最初の画面の間で不快なフラッシュが発生する可能性があります。
また、起動画面がデバイスの現在の外観モードと一致していることを確認してください。
ガイダンスについては、ダークモードを参照してください。

Avoid including text on your launch screen. Because the content in a launch screen doesn't change, any displayed text won’t be localized.

起動画面にテキストを含めないでください。
起動画面のコンテンツは変更されないため、表示されるテキストはローカライズされません。

Downplay launch. People value apps that let them quickly access content and perform tasks. Designing a launch screen that resembles an app’s interface creates the illusion that the app starts instantly. Combined with a fast launch time, this design approach makes your app feel immediately responsive. For a game, the launch screen should transition gracefully into the first screen the game displays.

控えめな起動画面であること
人々は、コンテンツにすばやくアクセスしてタスクを実行できるアプリを高く評価しています。アプリのインターフェースに似た起動画面を設計すると、アプリが即座に起動するような錯覚が生じます。
この設計アプローチは、高速な起動時間と組み合わせることで、アプリの反応を即座に感じさせます。
ゲームの場合、起動画面はゲームが表示する最初の画面にスムーズに移行する必要があります。

Don’t advertise. The launch screen isn’t a branding opportunity. Don’t design an entry experience that looks like a splash screen or an "About" window. Don’t include logos or other branding elements unless they’re a fixed part of your app’s first screen. If your game or other immersive app displays a solid color before transitioning to the first screen, you can create a launch screen that displays only that solid color.

宣伝しないでください。
起動画面はブランディングの機会ではありません。
スプラッシュスクリーンや「About」ウィンドウのようなエントリエクスペリエンスを設計しないでください。
ロゴやその他のブランド要素は、アプリの最初の画面の固定部分でない限り、含めないでください。
ゲームまたは他の没入型アプリが最初の画面に移行する前に無地を表示する場合、その無地のみを表示する起動画面を作成できます。