KDE BLOG

バイブス

【Human Interface Guidelines 翻訳 vol.12】iOS - Visual Design - Animation

元ページ
https://developer.apple.com/design/human-interface-guidelines/ios/visual-design/animation/

Animation(アニメーション)

Beautiful, subtle animation throughout iOS builds a visual sense of connection between people and content onscreen. When used appropriately, animation can convey status, provide feedback, enhance the sense of direct manipulation, and help users visualize the results of their actions.

iOS全体の美しく繊細なアニメーションは、画面上の人とコンテンツ間の視覚的なつながりを構築します。
アニメーションを適切に使用すると、ステータスを伝え、フィードバックを提供し、直接操作の感覚を高め、ユーザーがアクションの結果を視覚化するのに役立ちます。

Use animation and motion effects judiciously. Don’t use animation for the sake of using animation. Excessive or gratuitous animation can make people feel disconnected or distracted, especially in apps that don’t provide an immersive experience. iOS uses motion effects, such as a parallax effect, to create the perception of depth on the Home screen and in other areas. These effects can increase understanding and enjoyment, but overusing them can make an app feel disorienting and difficult to control. If you implement motion effects, always test the results to make sure they work well.

アニメーションとモーションエフェクトは慎重に使用してください。
アニメーションを使用する目的でアニメーションを使用しないでください。
過度または不必要なアニメーションは、特に没入型のエクスペリエンスを提供しないアプリで、人々が途切れたり気が散ったりするように感じる可能性があります。
iOSは、視差効果などのモーション効果を使用して、ホーム画面やその他の領域で奥行きを知覚します。
これらの効果は理解と楽しさを向上させることができますが、それらを使いすぎると、アプリの方向感覚が失われ、制御が困難になる可能性があります。
モーション効果を実装する場合は、常に結果をテストして、それらが適切に機能することを確認してください。

Strive for realism and credibility. People tend to accept artistic license, but they can feel disoriented when movement doesn’t make sense or appears to defy physical laws. If someone reveals a view by sliding it down from the top of the screen, for example, they should be able dismiss the view by sliding it back up.

リアリズムと信頼性に努めます。
人々は芸術的な自由を受け入れる傾向がありますが、動きが理にかなっていなかったり、物理法則に反するように見えたりすると、混乱を感じることがあります。
たとえば、画面の上から下にスライドしてビューを表示した場合、上にスライドしてビューを閉じることができるはずです。

Use consistent animation. A familiar, flowing experience keeps users engaged. They're accustomed to the subtle animation used throughout iOS, such as smooth transitions, fluid changes in device orientation, and physics-based scrolling. Unless you’re creating an immersive experience, such as a game, custom animation should be comparable to the built-in animations.

一貫したアニメーションを使用します。
なじみのある、流れるような体験がユーザーを引き付けます。
彼らは、スムーズな移行、デバイスの向きの滑らかな変化、物理ベースのスクロールなど、iOS全体で使用される微妙なアニメーションに慣れています。
ゲームなどの没入型エクスペリエンスを作成しているのでない限り、カスタムアニメーションは組み込みのアニメーションと同等でなければなりません。

Make animations optional. When the option to reduce motion is enabled in accessibility preferences, your app should minimize or eliminate application animations. For guidance, see Motion.

アニメーションをオプションにします。
アクセシビリティ設定でモーションを減らすオプションが有効になっている場合、アプリはアプリケーションアニメーションを最小化または排除する必要があります。
ガイダンスについては、モーションを参照してください。